無料での法律相談窓口

慰謝料や財産分与について法律相談で気をつけること

無料での法律相談窓口
離婚をするときには、慰謝料や財産分与の問題を決めなければならないケースが多いです。法律相談でも、こういった問題が中心になるケースが多くあります。慰謝料とは、法律的な意味としては、結婚中に受けた精神的苦痛に対する損害賠償金のことを言います。不法行為と原因とするものですので、法律上、3年で時効消滅しますから、注意が必要です。

財産分与とは、結婚中に夫婦が共同で築いた財産を分けることです。これは慰謝料とは異なり、どちらに有責な離婚原因があるかにかかわらず分けることが必要です。財産分与を請求できるのは、離婚が成立してから2年以内ですので、この点も注意してください。不動産などについては、二つに分けることも難しいので、金銭に換算して分けることになります。離婚した当事者のどちらかが不動産に住み続けて、他方は金銭的な負担をするというケースが多いですが、住宅ローンが残っているような場合は思わぬ事態にもなりかねないので、できれば、離婚が決まれば不動産を売ってしまって、お金を分けた方がきれいに片付くと言えます。このあたりのことは、法律相談では詳しく教えてもらえない場合もあるので、自分でよく考えることも必要です。

関連ページ

オススメのサイト

Copyright (C)2017無料での法律相談窓口.All rights reserved.