無料での法律相談窓口

著作権法に対する法律相談

無料での法律相談窓口
私の友人の趣味は、ヒップホップダンスです。学生時代は、本気で打ち込んでいましたが、社会人になってからは、仕事が優先になり、ヒップホップダンスは、週に一回程度になってしまいました。それでも、多くの人に、自分のダンスを見てほしいということで、動画の投稿サイトに、自分のヒップホップダンスをアップしました。ダンスは彼女がつくったオリジナルのものでしたが、音楽は、CDを利用したそうです。それを観た、彼女の友人が、「これは著作権法に引っかかるのではないか。」と、忠告したそうです。

彼女は、お金を儲けようとして、自分のダンスの動画を投稿しているわけではなかったので、これを聞いて、とてもびっくりしてしまいました。そして、電話でできる、無料の法律相談で、自分のやったことが、法律に触れるのかどうか、聞くことにしたそうです。すると、どうやら、CDは利用しない方がいいことを伝えられたそうです。それでも、早めに知ることができてよかった、と言ってました。

関連ページ

Copyright (C)2017無料での法律相談窓口.All rights reserved.